〔令和3年7月19日〕
2020年からウイルスの特定は出来ない研究用であるPCR検査の導入によるコロナ騒動で子供たちの生活は一変し、一つの目標でもあり、楽しみでもありました全日本大会が開催されず子供達も参加出来ない状態が続いております。しかし、日本でも遺伝子ワクチンが動物実験をせずに人体治験が開始されたのを切っ掛けに、多くの方々がテレビの中は大騒ぎしているが自分の周りでは皆元気で2019年以前と何も変わっていない事に気付き出しているように感じます。 現に2020年の日本の死者数は11年ぶりに1万人以上も減少しております。しかし現状は未だに子供達を全日本大会という舞台に立たせてあげられない状態です。それでも子供たちは日々、元気いっぱいに稽古に励んでおります。風邪の症状が無い時には仲間と汗を流し、声を出し、身体を鍛えながら、人や動物や海、山などの自然との交流による免疫訓練をして強い自然免疫力と自然抗体を築かなくてはならない大切な時期であると正真塾では考えております。 そして現状の異常な学校生活、社会生活が子供達の精神面や情緒がおかしくなってしまう前に我われ大人たちが同調圧力に背を向けずに家庭経済が崩壊する前に行動するべき時が来たのではないでしょうか。私は子供達の舞台を25年ぶりに行政ルールを順守した上で企画し、開催する行動をはじめました。


〔令和2年12月10日〕
龍ケ崎本部道場にプラズマクラスター空気清浄機を四台設置しました。少しでも安心して稽古が出来るよう導入しました。
加湿器の水も水素水と素粒水を入れております。

プラズマクラスター技術で、空気中に浮遊する「新型コロナウイルス」の減少効果を実証
https://corporate.jp.sharp/news/200907-a.html

日本伝統武道空手道で免疫力を上げよう!
スポーツ都市宣言 龍ケ崎市 正真塾道場


【正真塾 入会案内】


過去の記事はこちら